About Us

新しいファッションや流行を、追いかけた時もあった。けれど、もっと必要な服がある。今では欠かせない相棒になった、バイクのように。

(代表者より)ジャック・ケルアックの書いた小説、「オン・ザ・ロード(路上)」は、第2次大戦後の様々な文化に影響を与えたと言われる。ディランもボウイも、愛読書の筆頭に挙げる。

不思議な書物だ。人に勧められるような、筋書き的な面白さはない。でも離れれらない。

「移動」について、書いてある。行間から、カッコいいファッションが、浮かんでくる。

映像や写真に撮られたわけではないから、完全に想像だけれど、そこではホーボーたちが、オーセンティックなワークウェアやミリタリーアイテムを、それぞれ自己流に着こなしている。妙な場所に、プリントや刺繍が入っていたりする。

流行とかじゃなくて、その人が着る事で、よれたり擦り切れ具合も、カッコ良くなっている服(ピカピカな感じ、無闇に着飾ってたり、パッと見、新品と解る服は、バイク乗りではカッコ良く見えない)。

On the road again.

ファッションの世界で様々な仕事をした。大学卒業後、モードの世界ではおそらく最も有名な出版通信社&映像制作会社に就職した後、(服を)買い付けて(欧米バイヤー)、販売して(六本木セレクトショップ・ディレクター)、企画し、作って(原宿アパレルMD)、書いて(All Aboutガイド、伊勢丹メンズ館、他、様々なメディアで、他方で、純文学賞最終選考にノミネート)、専門学校で教えて(関東圏の文化服装系列校を含む、モードカレッジで講師として10年余り、文章ライティング及びillustrator&photoshopによるファッション・グラフィックス作成を担当した)・・・何かを見つけようとして、世界も巡った(アパレルの世界は、それほど大きいものとは言えなかったけれど)。


代表者、アイルトン・セナの乗ったマシンをバックに

長い間、車が相棒だった。F1レースでセナが走るのを、海外まで観に行った事もある。バイクに乗ったのは、随分後になってからだ。

4ストロークのツインエンジンを両脚で挟んで、風の中に入っていった時、「あの頃懸命に追いかけていたもの、世界中探しまわったものが、ここにある」と思った。
同時に「あるけど、無い」とも思った。
何が?
そう、バイクに乗る時の服。

レザーやプロテクターなど、身を護る機能が最重要なのは当然として、着たい感じの服が、正直あまり見当たらなかった。バイクに乗る時は、カッコいいスポーツカーに乗る時よりも、全身丸見えなのにね。

どんな形、とはっきりと分かっている(ならそれを買えばいいだけの話)わけではなく、手探りをしているうちに、社内外に仲間が増えていった。

「やっぱ、マイプライベートアイダホのキアヌとリヴァーは、神だよな」とか言いながら。

心ある人たちの支えで、全国商工会の審査にパスして支援を受け、サンプルを作り店に置いた。
ローリング・ストーンズのポスターに囲まれた試着室のある場所に来てくれた方々と、日々、あれがカッコいい、これがカッコいいという話を繰り返している。

既に誰かがカッコよくしたものを、上から下へ伝えるような、従来のアパレルみたいな形ではなく、作るものは、人々とのコミュニケーションの中で変わってゆく。けれども、ブレない軸はある。

 バイク(そしてスポーツカー)が好きな人に似合う服。

年齢性別よりも、ライフスタイルを主張する服。

流行ではなく、着る人を物語る服。

そう、「着る人が、主役」、The Stone Rosesがデビュー時に言い放った「これからはオーディエンスが主役」という大口を真に受けている(実際に、今ではあらゆる分野で、そうなっているし)。

路上の、移動の、旅の服。

他者から視認されたり、声をかけられたりする、コミュニケーションツールとしての服。

そして、バイクの王国である「日本」の神話性も感じさせる服(特に海外の人から見た時に)。

我々のプロダクトについて、そんなイメージをもって貰えたら嬉しい(とにかく懸命に、そこへ向かおうとしている)。

ケルアックの描いた、「移動」への強いあこがれ、世界で唯一、ここにしかないもの、それはあなたが、旅や放浪(ほんのちょっとの、ささやかな冒険でもいい)で得た、あなたの中に散り積もった、何かだ。

そこに繋がりたい。心の底から、熱烈に。

追いかけるだけでは、追いつけないものがある、バイクに乗って風と一緒になった者は、それを知っていると思う。

バイクには、偉大な師のような部分がある」と書いたのは片岡義男氏だったと思うけれど、まったく同感だ。諭すのではなく何かを悟らせてくれる、賢者の思想みたいなものを感じるのだ。
服が、そんな存在になれたら、偉大な師ではなくても、長く共に居て、様々な事を(一緒に)感じ、どこかへ連れて行ってくれる親友みたいな導師(グル)、そんな服を、バイクに乗るときに着られたら、素敵だよな、まったく。

2022年2月、このサイトを公開したら、見ているのが半数近く海外の人だったのは驚きだった。アメリカ人がほとんどだけれど、ウクライナで、見てくれている人もいた。

これが私たち、About Usです。一緒にいなくても、同じ方を向いていなくても、服で、共に風の中を走っている、そんな気分になりたい。

友よ」トライアンフに乗っていたボブ・ディランは歌う。「答えは風の中にある」。

平和を、とにかく平和を。

+++関連ページ+++